秋夢-AutumnDream-
かすみななせのブログ mur-mur[つぶやき]。 日々の徒然とかお絵かきとかごった煮風味。
正々堂々試合開始?
急に寒くなったりなんだりで鼻が止まらなかったななせあけみですこんばんわ('ω`)

・クラナドAFTERストーリー
のっけから野球。
何事もなかったように野球。
最近なんとかバスターズとかでも野球やってるしネ。

「沙苗、このホームランをおまえに捧げる!ハッハッハ見たかー!」
パリーン。
アーッ、カミナリさん家のガラスがー!のび太おまえ行って来いよー!
お約束のままオープニング。
相変わらずぎゃるげみたいなオープニングです(ぎゃるげです)

「おーい、野球やるぞー」

『やればー?』

「やればー?じゃねぇ!今度隣町のチームと試合やるから
おまえが人数集めろって言ってるんだよ!
こう見えてもパパは昔シルバーキャッスルってチームでブイブイ」

『言ってないだろ』

「町のやつらを元気づけるためにも勝たなきゃならねぇ。
演劇部っていう頼りになる仲間がいるじゃねぇか。
もしかしたら奇跡が起こせるかもってな」

いやね、この世界だったら奇跡のひとつやふたつ
近所のコンビニに行くくらい気軽に起こせそうなモノですが
唐突に光坂高校演劇部べーすぼーる編です。
そのうちドッジボールとかサッカーとかホッケーやるんですね(・ω・)
~2学期が始まった。オレは相変わらず渚の家に厄介になっている~

「わたしも野球やってみたいの」

ことみさん登場。野球のルールを知ってるか分からないけどなんだかやる気です。
ふと気になったのが岡崎は男なのに左手首に時計つけてるんですね。
右肩をケガしたせいでしょうか('ω`)

「あんたたち段々恋人らしくなってきたわね」

なんか『恋人』って言い方が違和感あるナァ。付き合ってるから『彼氏彼女』とは言っても
岡崎が『恋』をしてるかどうか少々怪しいので『恋人』とは違うと思うんだ。
妙に智代の肩持ってるし。君は誰とキスをする。

「あ、電柱に登ってる芳野祐介さんです」

・・・誰だっけ?(ぇ
いつかの結婚式の人ですた。タイムリー緑川。
岡崎のありえない身の上話で感動してるよこの人たち!
口先の魔術師を名乗った方が良いのではないでしょうか。

そんなこんなで超寄せ集めチームができました。
お約束でどう考えても寄せ集めの方が強そうに見えるから不思議。
智代に手取り足取りプッシュの岡崎。
なんで智代だけひいきなんでしょうか('ω`)

渚パパの足にバットが直撃。イタイイタイシヌ。ピッチャー交代古河渚。
運動音痴が投げた球のほうが打たれない・・・ってイヤマテ。
そもそも投げた球がキャッチャーまで届くのか。

「1球目に内角低めが来る確率62%バットの長さ800ミリボールの大きさ70ミリ
わたしの両腕の長さと肩の稼動範囲それにボールの速さを計算すれば必ず打てるの」(0.001秒)

これが俗に言うデータ野球ですねことみさん。

芽衣「芳野さんがんばってくださいー」
あなたも芳乃さんじゃないですかさくらさん。

「子供たちよ。これが今の俺にできる唯一の贈り物だ。
思い出という形のない贈り物だ。俺には金もない。
形ある物なんて買い与えてやれない。それでも・・・」

そんな喋ってたらアウトになりますよ・・・あ、ほんとになった。

岡崎もあなた一応主人公なんだから最後くらい決めなさい。
お約束でカキーン。めでたしめでたし。

エンディングがだんご大家族じゃNEEEEEEEEEEEEE

orz

「CLANNAD AFTER STORY」光スポ号外新聞を秋葉原で限定配布! 「古河ベイカーズ大勝利!!」
号外ってあなた('ω`)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(たまにエラーが出る事があるのでコピー&ペーストをおすすめします)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(当サイトへの言及リンクの無いトラックバックは弾かれます。
トラックバックは管理者の確認・許可後に表示されます。)

この記事へのトラックバック