mur-mur
mur-mur[つぶやき] 秋夢-AutumnDream-の(http://www.ne.jp/asahi/ad/akiyume/)のブログ日記。 日々の徒然なる事とかお絵かきとかごった煮風味で
ワケあって体が勝手に・・・
・『サクラ大戦』×『グランブルーファンタジー』コラボレーションイベント開催のお知らせ
サクラ大戦はぎゃるげ、アドベンチャー、時代劇、舞台、ヒーロー、メカ、アニメ、シミュレーションRPG・・・と
ありとあらゆる要素を詰め込んだ、一分の隙もないサターンとムキャストを代表するビッグタイトル。
実際に歌や舞台ができる役者の人を起用して、
おそらく最初にゲーム作品の舞台化というモノをやったりした。
もたらした功績は計り知れない。

2はキャラが増えて、前夜などの外伝設定を盛り込んで回収したアッパーバージョン。
ボリュームがありすぎてクリアするのがさらに大変になったのはご愛嬌。

3は時代劇じゃないけどちゃんとストーリーが続編でまごうことなきサクラ大戦。
店頭で流れる圧巻のOPアニメに感嘆の息を漏らす人は数知れず、
15年も経ってしまった今見てもまったく色褪せない。


3がせっかくきれいに終わったのに4は消化試合。
5は時代劇でもないしキャラも全部変わってサクラ大戦要素が皆無。
なので3が実質シリーズ完結編。

WS000004_20160519043327d50.jpg
エリカくんがハイプリじゃねーか!って言われるのに
エリカくんのが先だから!って言うだけのお仕事・・・
サクラ大戦3が2001年で、ハイプリが出てきたのが2005年だょ。


WS000080_201605190404258bf.jpgWS000114_2016051904025514f.jpgWS000086_201605190402002bc.jpg
サクラ大戦キャラはもう十分生身で戦えるので・・・('・ω・`)

ぼくのかんがえたサクラ大戦イベントメモ。
WS000084.jpg
サクラ大戦1のラスボスだった葵叉丹さん。
サクラ大戦2で再生怪人になって1話で退場して、今回2度目の復活を果たした。
やられ役としてはこれ以上ないんだけどかわいそう・・・('・ω・`)

MANIACはどれを選んでも強いので、有利属性のキャラが揃っていないと厳しい。
倒せそうなものと戦っておこう。光はなんとかなった。
WS000000_20160519043636ec7.jpgWS000001_201605190436374ec.jpgWS000002_201605190436389a3.jpg


前座の降魔が光武が壊れるイベント戦闘ぐらい強い。
なめてかかって2体同時にオーバードライブ技をくらうとかなり痛い。
こんなのと戦ったらそりゃあ壊れる('・ω・`)
WS000028_20160520171450b62.jpgWS000029_201605201714511df.jpg


神の脅威・・・神威!
全盛期の強さを取り戻した・・・というか
なんでも防げる大神さんのかばうがないので本編より強い。
20160514023852WS000097.jpg20160514023853WS000098.jpg20160514024623WS000104.jpg
通常技の兜割は見た目は地味だが、回避スキルでもかわせない
無属性ガード不能の恐ろしい技。
防ぎようがないのでさっさとオーバードライブさせたほうがいい。
オーバードライブ技は素で受けると7000ダメージぐらいなので、カーバンクルなどでガードしよう。

体力が50%になると奥義を撃ってくる。
場合によっては連続で奥義をくらってしまうため、
できれば敵のチャージをMAXにしたところで一気に減らして同時に吐かせたい。

WS000031_20160520171132997.jpgWS000033_20160520171133907.jpg

25%になるとチャージターンがMAXになるので、ブレイクさせるかスロウをしたい。
幸いブレイク時間は長いので、
50%の奥義を耐えた後にブレイクさせれば勝利は目前。
WS000034_20160520171310523.jpgWS000036_20160520171311410.jpgWS000000_201605221654497f2.jpg
勝利のポーズ、決め!


WS000127.jpg
ルシウス「大神、海はいいなぁ」
関連記事

テーマ:グランブルーファンタジー - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(たまにエラーが出る事があるのでコピー&ペーストをおすすめします)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(当サイトへの言及リンクの無いトラックバックは弾かれます。
トラックバックは管理者の確認・許可後に表示されます。)

この記事へのトラックバック