秋夢-AutumnDream-
かすみななせのブログ mur-mur[つぶやき]。 日々の徒然とかお絵かきとかごった煮風味。
さよなら思い出の日 出逢いもあの場所も
・メモオフシリーズ最新作『メモリーズオフ -Innocent Fille-』の公開を記念して、 過去作が順次無料配信!
https://twitter.com/PCGameDL
なんと無料で遊べちまうんだ!? いやPS版あるし…
ともかくこんな話を聞いたらKID勢がロビンマスクかウォーズマンばりに墓場からよみがえってくる。
20180215_180503.jpg
ベスト版のバージョン違いが星の数ほどあってとても全部は把握できない。

20180209172405WS000018.jpgmemo02.jpg
アレだったPC版じゃなくてPS2版がベースになっているみたいで一安心(?)
当時KIDがちょうどこんなブラウザゲーム的な販売形式やろうとしてコケていたのが
今こうしてスティームだとかダウンロード版でリリースされているのを見ると
何とも言えない気持ちになる。
KID滅亡と共に散り散りになったKID勢の人たちは今も元気にしているのだろうか('・ω・`)


それはときめも、悠久幻想曲、セングラ、piaキャロ、とーはと、こみぱ、kanon、シスプリと
ぎゃるげバブルに沸く世紀末に現れた。
前述のビッグタイトルと並んで電撃Gsで宣伝されたばかりに手を触れてしまい、
その後の人生を狂わせた超名作ぎゃるげ(断言)だった。
奇跡も魔法もないんだよ、と当時覇権だった葉鍵スタイルと真っ向勝負して
センセーショナルな話題となったみにゃもさん編で完全敗北。
以来他のぎゃるげでは満足できない体になってしまった。
奇跡も魔法もないんだよ。

「やっぱり奇跡が起こってほしかったです」なんて書いてある公式BBSに
「何言ってんだこのヤロウ、奇跡とかご都合主義だろ!」と
葉鍵勢と日夜宗教戦争を繰り広げながら
キャラソンCD買わないといけないし
コミケの企業ブースに並んでデスクトップアクセサリ集(死語)を買って支えないといけなかったし
PC版はどういうわけか劣化移植だったり
カード型CDというよくわからないのがあったりした。
20180216_174422.jpg
要は8cmCD(死語)だけどカード型なので
ディスクを固定できないようなCDプレーヤーに入れると構造上あぶない大問題規格('・ω・`)


2の発表に期待値が高まるのは当然だった。
2の体験版を買うとおまけがついてきたり
PS版とムキャスト版の両方買わないといけない使命感にかられたり
友達にそれは違うでしょと言われてるのに
なんでハッピーレッスンのファーストウインドウまで買ってしまったのだろうか。
そんな2は蓋を開けてみると…


同じ頃にあったホワルバやきみぼーといった二股ぎゃるげブームだったのか、
最初から付き合っている彼女を捨てて他のキャラに乗り換える話で
2と書いてあるのに特に話が1と関係ないし
(申し訳程度にドラマCDで繋ぐ話があったが、キャラは絡まない)
本名プレイであやうく日本三大主人公になりかけた。
この主人公最低だな!と言われるたびにつらい。

2が好きっていう人もいるんだけど、自分的にはちょっと
なんでぎゃるげ買ってプレイしてどんよりしないといけないのか、ぎゃるげではない。
世界は同じだけど、キャラが絡んだりしないので続編感がなかった。と
これは本当に人で好みが分かれていた('ω`)


その後のシリーズは高校生ではなく大学生だったり女同士でドス黒いバトルをする
ぎゃるげではない昼ドラシリーズとなって暗雲が立ち込める。
高校生は三年しか高校生でいられない。
大学生はもう成人であり、ぎゃるげにはなり得ない。青春なのは高校生までなのだ。
なにより制服がない。
大学生が主人公のぎゃるげアニメがウケないのはこの時確立した。
こみぱはどう見ても大学生には見えないのでノーカン。
シリーズ作品はだいたい2作目が正統進化、3作目で方向転換してコケるジンクス。

しかしながらそんな良くも悪くも毎回違う毛色の作品を作ろうというチャレンジャー精神で
時代の先を行き過ぎたいい意味でぎゃるげではないストーリーで一世を風靡し
KID最高傑作と評されたEver17で確固たるブランド地位を確立した。
でもやっぱりこれもまた3作目が(ry

メモリーズオフ2ndを神格化しすぎて結局ダメになったように
今もシュタインズゲートがウケたのをまだ引きずっててちょっとと思ってしまう。
もうすでに歴史が証明している。


あんまり初代には触れたくなかったらしい。
先のブラウザ版を作ろうとしたり
手広く変な事をやりだして迷走してしまったのと
1と2のキャラが登場するアフターレインは分割商法(月刊KIDと呼ばれた)で、
なんで1の話の後でほかの女に乗り換える必要があるんだ!
わたし堪忍袋の尾が切れました!と今まで見守ってきた初代ファンの激おこ案件が発生。
1と2の終わったはずの話を掘り返して壊してしまった。
これが決定打になり、空中分解し、そして滅亡していった。
仏の顔も三度までである。


ゲーム作品としては色々あったんだけど
BGMは作曲者の阿保さん
ゲームミュージックからFM音源にピアノとなんでもござれのマルチプレイヤーで
特にピアノの音が好き。メモリーズオフ2ndなんてタイトル画面で涙がでる。
PS、DC、PS2とおなじ作品のリメイク版でも
ハードごとに毎回マイナーチェンジされているのが心憎い。

KID滅亡からはや10年弱。

「メモリーズオフ -Innocent Fille-」
http://memoriesoff.jp/

OPを見るからにきっとバトル物なんだろうな。そこはあってる('・ω・`)
オリジナルスタッフ再集結とかって言ってるけど
それは5あたりのオリジナルなんじゃないかと思わずツッコミたくなる初代信者。

…というのも「1のゲーム内の絵の原画」を描いていた方が専門学校の時に
アニメーター科の先生をやっていたことがあった。
イラスト科ならよかったのになぁ…とうらやましかった('ω`)


とにもかくにも2000年代初期の一時代を築いた作品たち。
ダウンロード版に抵抗がなければ酒の肴にいかがでしょうか。
PS2版でもいいよ('・ω・`)
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(たまにエラーが出る事があるのでコピー&ペーストをおすすめします)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(当サイトへの言及リンクの無いトラックバックは弾かれます。
トラックバックは管理者の確認・許可後に表示されます。)

この記事へのトラックバック