秋夢-AutumnDream-
かすみななせのブログ mur-mur[つぶやき]。 日々の徒然とかお絵かきとかごった煮風味。
アズールレーン ローン建造への道
Screenshot_20181015-173537_アズールレーン
この記事の最初の下書き自動保存が7月3日なのでそれぐらいの長く苦しい戦いだった



ローン開発用メモ。
ドイツの科学力は世界一。記事を書いている現在では
巡洋艦がなんと8人しかいないのでキャラを選ぶとか好き嫌いとかいう自由さえない。
Screenshot_20181016-193923_アズールレーン
さながらスパロボEXのシュウ編。
豊富な人材のロイヤルがマサキ編、スーパーだらけのユニオンがリューネ編。

鉄血キャラは全体的にほかの勢力のキャラよりも体力が高く、その分雷装が下がった印象。
ユニオンと変わって魚雷が使えるけど別に強いわけでもなく…
イベントマップなど簡単にクリアできるステージの周回で使うのが精神衛生上よさげ。
戦力バランス的にだいたい重巡1+軽巡2というPTになりそう。
ドイッチュ+カール+ケーニヒ
シュペー+ケルン+ライプツィヒ
重巡枠はレアキャラなのでいなければTPOでプリンツかひぱぁで代用しよう('ω`)


・カールスルーエ
Screenshot_20181015-174036_アズールレーン
3KとかトリプルKとか呼んでるK級筆頭。
改造できるが、劇的な変化は見られない。フィーぜの方が5倍ぐらい強い。
バウンドドッグ→ドーベンウルフ
どこにでも出てきて大量生産されるのでステータスをあげるのは楽。

・ケーニヒスベルク
Screenshot_20181015-173932_アズールレーン
なぜか全国にいる押しかけクレイジーサイコ姉のドイツ枠。
100になってもパワー不足が響くが、余裕のある時に装填指揮をあげておくと役に立つ。
バウンドドッグ

・ケルン
Screenshot_20181015-174026_アズールレーン
ステータスはほか2名と変わらないが、スキルが火力全開だけなので3Kの中では最も地味。
バウンドドッグ

・ライプツィヒ
Screenshot_20181015-174721_アズールレーン
戦術指揮持ちのドイツのロンドン。
サポートキャラとして活躍できるが、本体はそれほど強くないので過信できない。百式ぐらい。

・ドイッチュラント
Screenshot_20181015-174013_アズールレーン
ドロップ限定の超激レアキャラ。
スキルの効果で小型の相手に対して強い。余裕があればあげておきたい。
ポケット戦艦は小型戦艦というニュアンスらしい。ポケOンとかポケットザOルスではない。
ズワァースぐらい。

・アドミラルグラーフシュペー
Screenshot_20181015-173955_アズールレーン
シュペー。名前が長い。したちち。
ドイッチュとキャラ性能も使い方もだいたいおなじ。

・アドミラルヒッパー
Screenshot_20181016-193242_アズールレーン
ひぱぁ。限定建造の闇のセカンドチルドレン。
ビジュアルはいいのにスキルがインディ並のガッカリキャラ。
使ってあげたいのはやまやまなんだけど…ママが見てるのに!

・プリンツオイゲン
Screenshot_20181016-193134_アズールレーン
ログインボーナス配布キャラ。
重装甲だがディフェンススキルしかなく、さらに限界突破コストも高い困ったちゃん。
ほかにキャラがいなければ仕方なく使うぐらいのキャラ。艦これと交換してほしい。


旗艦
・グラーフツェッペリン
Screenshot_20181016-193145_アズールレーン
勢力統一しようとするとほかに候補のない空母。スキルの効果と重装甲でかなり頑丈。
史実設定ではかなりガッカリキャラ。

・ティルピッツ
Screenshot_20181016-193510_アズールレーン
かなりつよい。がコストも高い。

・シャルンホルスト
Screenshot_20181016-193522_アズールレーン
若干コストと攻撃力を下げたティルピッツ。単騎ではややパワー不足か

・グナイゼナウ
Screenshot_20181016-193756_アズールレーン
安いティルピッツその2。
関連記事

テーマ:アズールレーン - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(たまにエラーが出る事があるのでコピー&ペーストをおすすめします)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(当サイトへの言及リンクの無いトラックバックは弾かれます。
トラックバックは管理者の確認・許可後に表示されます。)

この記事へのトラックバック